アスペルガー症候群とは、発達障害の一つで子どもにも大人にも当てはまる障害です。

アスペルガー症候群とは、発達障害の一つで子どもにも大人にも当てはまる障害です。

アスペルガー症候群には特徴がある

アスペルガー症候群とは、発達障害の一つで子どもにも大人にも当てはまる障害です。教育現場でも広く知られ、子どもに対するケアも増えてきています。その一方で、幼少期には気づかずに大人になり社会に出てから障害と診断されるケースも多くなっています。

アスペルガー症候群の大きな特徴としては、自分と相手との距離感がうまくつかめない、こだわりがとても強い、感覚がとても過敏であったり鈍感であったりすることなどが挙げられます。その場の空気を感じることが苦手なために誤った発言や相手を傷つけてしまうような言葉を発してしまったり、自分の興味が湧くものに対する集中力がとても高いため相手の声が耳に届かないといった事もよく起こります。また、感覚過敏の特徴で音や香りにとても敏感な事が挙げられます。その結果乗り物に乗れなかったり、その場にいると気分が悪くなるといったことも日常で起こります。

目に見えてわかる障害と違い、見た目では分かりずらく周囲に気づいてもらえないことがあるため、変わった人と思われることも多いです。本人は普通の感覚のことが周囲に受け入れてもらえないことで辛い思いをする事もあります。

しかし、今、障害の特徴を活かして世界で活躍するアーティストやさまざまな分野のプロが多く輩出されています。環境を整えることでうまくアスペルガー症候群と付き合っていけるように支援の輪がどんどん広がっています。

news新着情報

2018年10月03日
ホームページを更新しました。